医師を目指す進学先選び|マッサージの資格で手に職が就く|未来を生き抜く術
医者

マッサージの資格で手に職が就く|未来を生き抜く術

医師を目指す進学先選び

大学生

学校ごとの特色とは

医療従事者の中で最も人気が高く、資格取得が最難関である職業に医師が挙げられ、医師を目指すには6年間大学で学ぶ必要があります。長期的に過ごすことになる大学は、神学の前に十分な情報収集をして各学校の特色を理解する必要があります。主な特色の違いとして挙げられるのが、どのような医療分野に関して特に強い大学なのかということです。医師が担当する診療科は多くありますが、学校によって外科・内科のどちらに充実した教授陣が用意されているのかや、研究設備の面で大きな違いがあります。以上のように、大学ごとに強みを持っている分野は異なるものなので、医療系の学部を目指す際にはその大学が何に特化しているのかをしっかり把握しておきましょう。

研究者を目指す際の注意点

大学の医療系学部に進学して医師を目指す場合、病院に勤務する一般的な医師と医学の研究者になるという展望を持つ方が多いですが、特に後者を目指す場合は進学先選びに注意が必要です。医学研究では各教授が独自の研究を展開していることが多く、自分が研究したい内容を取り扱っている教授がいない大学では思い通りの研究が行えないことが多いです。特に先端医療と呼ばれる遺伝子関連の理論は教授によって内容に大きな差があるだけでなく、大学間においても研究設備が異なることが少なくありません。以上のように、医学部へ入学して将来研究者の道へ進もうと思っている方は、研究したい分野を扱っている教授がいるか、十分な設備があるかどうかに注目して大学を選びましょう。