女医

マッサージの資格で手に職が就く|未来を生き抜く術

医師を目指す進学先選び

大学生

医療系の大学の中でも、医師を目指す場合は大学によって得意な診療科が大きく異なるという特徴があります。特に医学の研究者を目指す場合は、自分のやりたい研究を行っている教授がいるか、十分な設備があるかを調べておきましょう。

もっと読む

専門性の高いスキルを

医者

高校生の進学先に専門学校がありますが、資格を取得できることや就職に困らないことから医療専門学校は人気があります。医療専門学校を決める際にしておきたいことは、複数校の入学案内資料を取り寄せて比較検討することやオープンキャンパスへの参加を積極的に行うことです。

もっと読む

手に職をつけよう

マッサージ

肩こりや疲れを改善するために、マッサージを利用している人も多いでしょう。現代社会では、ストレスも多く、心身ともに疲れを感じる人が増えています。そのため、マッサージは若い世代も利用しているのです。また、手に職をつけたいと、マッサージ師を目指す人も多いでしょう。マッサージ師になるためには、まずはその特色について理解が必要です。マッサージ師に必要な資格は、あんまマッサージ指圧師であり、国家資格になります。大学や専門学校で3年以上学び、国家資格に受かる必要があります。この資格を取得すると、治療としての施術ができるようになるのです。自分で治療院を開業できるだけでなく、病院や福祉施設などでも活躍する事ができます。

これからマッサージ師を目指す場合、必要な資格について、理解しておきたい事があります。一般的に、マッサージ師と呼ばれる施術者は、国家資格を持ち、治療行為ができます。しかし癒しブームによって、現在では、沢山のリラクゼーションサロンができています。このようなサロンで働く施術者は、一般的にセラピストと呼ばれており、民間資格になります。リラクゼーションとして、癒しを提供する事ができますが、治療行為はできない事になっているのです。漠然とマッサージを仕事にしたい、と考えている方は、このように資格の違いについて理解しておくと良いでしょう。通う必要のある学校も異なっていますので、しっかりと考えて選ぶ事が大切です。

知っておきたい病院のこと

ドクター

病院奨学金とは、病院が学費の貸与を行う制度のことです。この病院奨学金制度には、学校を卒業後、その病院で一定期間働けば返済しなくてもよいという利点があります。しかし、一度奨学金をもらったら、他の病院に就職したくなっても簡単には変えることはできないため、よく考えて決める必要があります。

もっと読む